2014年に発表された新型アルファードの内装・スペックがわかる画像

管理人のトヨタロウです。

2014年に発表された新型アルファード。

そのスペックや内装がわかる画像をまとめています。

 

新型アルファードは納車が追いつかないほどの人気っぷりだそうです。

そのスペックはどうなっているのでしょうか?

 

実際の画像で見ていただくのが一番わかりやすいのでこちらをどうぞ。

 

新型アルファード

HYBRID G“Fパッケージ”/HYBRID G

2014年新型アルファード画像
出典:as-web.jp

メーカー希望小売価格  ¥5,356,800

燃費消費率 18.4km/L

 

日本車の中でもトップクラスの高級車でありながら売上はものすごい。

発売後1ヶ月で驚異の2万台超え。

完全に供給が需要に追いつかず納車待ちに。

トヨタからの公式情報によると2015年7月以降に納車予定だそうです。

 

新型アルファードの高スペックさがわかる画像まとめ

 

インテリジェントパーキングアシスト

2014年新型アルファード画像
出典:www.nissan.co.jp

 

インテリジェントパーキングアシストとは新型アルファードに搭載された新装備。

簡単にいうと『駐車支援システム』のこと。

超音波センサーとカメラで駐車スペースを検知し自動的に駐車位置を設定してくれるという驚きの機能。

通常の駐車スペースだけでなく、縦列駐車にも対応可能です。

 

内装の画像

2014年新型アルファード画像
出典:kokoshun.com

 

見るからに素材を厳選している高級感が伝わってきますね。

今までのモデルよりも横幅と全体の長さが長くなったので車内がかなり広く感じます。

トヨタのメッセージとしては『移動中もビジネスに集中できる』だそうですが、確かにこの素材からにじみ出る雰囲気や広い室内の居心地の良さなら仕事もはかどりそうですね。

 

外観の画像

新型アルファー2014年新型アルファード画像ド
出典:autoc-one.jp

 

新型アルファードは広い室内にこだわっているので、人によってはゴツすぎると感じるかもしれませんね。

最近は200万円以下のコンパクトカーが主流の中、異彩を放つ存在であることは確かです。

人とは違った、インパクトと存在感がある車に乗車したい方にはぴったりのモデルですね。

 

まとめ

新型アルファードは画像で見るだけでもその迫力が伝わってきますが生で見るとより一層感じられますよ。

特に、内装の充実さは他の日本車では決して味わえません。

良い意味でこちらの期待感を上回ってくれるモデルなので、興味がある方はぜひ一度実物を見てみてください。

 

新型アルファード購入を検討されてるそこのあなた。

ちょっと待ってください!!

今、新型アルファードを50万円以上も安く購入できる極秘マニュアルを入手したので、こちらを見てからにしてください。

新型アルファードを50万円以上も安く購入する極秘マニュアルとは?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

当ブログでは、新型アルファードの最新情報を発信していきます。

新型アルファードの魅力を他の方にも知っていただきたいのでSNSでのシェアにご協力ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ