平成18年式アルファードハイブリッドカタログの燃費と実燃費は別?

管理人のトヨタロウです。

今回は、平成18年式のアルファードハイブリッドの燃費についてまとめていきます。

 

平成18年式アルファードハイブリッドの燃費は?

平成18年式アルファードハイブリッド燃費カタログ
出典:ucar.carview.yahoo.co.jp

 

カタログにある平成18年式アルファードハイブリッドの燃費は約17.0km/Lとありました。

ただし、注意してほしいのが、このカタログに掲載してある燃費は実際に車を走行させた時の実燃費とは違った数値であるということです。

なぜ、カタログと実際の燃費が違ってくるのかというと、ユーザーが使う条件によって車にかかる負荷が変わってくるから。

 

例えば、

  • エアコン・ライト・ワイパー・オーディオ・カーナビの負荷
  • 渋滞走行環境
  • 坂道走行環境
  • 季節変動

これらの要素により、カタログの燃費よりも実際の燃費は下がってしまうのです。

ということで、平成18年式を実際に走行させた方の情報によると、実燃費は高速で8km,市街地で5kmとありました。

実燃費だとかなり数値は落ちてしまうみたいですね。

『あれ?カタログの燃費と随分違うぞ?』という方はご注意してくださいね。

 

新型アルファードの実燃費は?

平成18年式アルファードハイブリッド燃費カタログ
出典:www.carsensor.net

 

ちなみに、2015年1月に発売された新型アルファードハイブリッドの実燃費は

  • カタログ燃費 16.2~17km/L
  • 実燃費 10~12km/L

機能面では大きく進化した新型アルファードですが、燃費面ではあまり変わっていませんね。

燃費最優先で考えてる方はコスト面重視で平成18年式アルファードハイブリッドを買うのはありかもしれませんね。

 

「いや、中古なんかより新型でしょ!」という方はこちらの極秘マニュアルを参考にしてください。

新型アルファードを50万円以上安く購入することが可能です。

新型アルファードを50万円以上も安く購入する極秘マニュアルとは?

 

燃費を浮かす走行テクニック

平成18年式アルファードハイブリッド燃費カタログ
出典:www.pids.jp

 

先ほども言った通り、実際の燃費はユーザーの使用条件が影響してきます。

そこで、燃費を抑えて走る走行テクニックを紹介するので参考にしてみください。

 

①車間距離にゆとりをもって、急な動きを減らす

基本的に急ブレーキや急エンジンはエンジンに負荷をかけます。

高速道路では車間距離にゆとりをもって、加速減速を極力抑えましょう。

 

②エアコンの使用は適切に

エアコンの使用も燃費悪化につながります。

夏場はしょうがないですが、春や秋の使用は控えると燃費改善につながりますよ。

 

③無駄なアイドリングは避ける

アイドリングも燃費悪化の元。

面倒かもしれませんが、こういう小さな節約が燃費向上につながります。

 

④不要な荷物を降ろす

いつもトランクに無駄な荷物を積んで走行していませんか?

実は、これも燃費悪化になるのでいらない荷物は置いておきましょう。

 

⑤渋滞を避けて出発

やや裏技的なテクニックですが、渋滞で走行が滞るとその分、燃費が悪化。

渋滞が少ない時間帯に出かけることで、燃費的にもいいし、気持ちの良いドライブになりますよ。

 

まとめ

カタログの燃費の実燃費は違うので、注意しなければなりません。

できるだけカタログの燃費に近づけるためにも今回の燃費改善テクニックを参考にしてみくださいね。

 

新型アルファード購入を検討されてるそこのあなた。

ちょっと待ってください!!

今、新型アルファードを50万円以上も安く購入できる極秘マニュアルを入手したので、こちらを見てからにしてください。

新型アルファードを50万円以上も安く購入する極秘マニュアルとは?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

当ブログでは、新型アルファードの最新情報を発信していきます。

さらには、燃費を抑える走行テクニックなど、裏情報も発信していくのでFacebookのシェアをしていただけると大変嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ